野生動物が残していった面白エピソ-ドから、真面目な話まで、様々な足跡を綴りました。      本サイトの掲載写真は許可無く転載、複製等固くお断り致します。すべての写真に著作権を有しています。


by w-a-tracks
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
d0035420_2164715.jpg

21日の傷病野生鳥獣保護ボランティア講習会に向け、パワーポイントにて資料作製中です。
当日は、スライドだけではなく、剥製を用いて保定、給餌などの実技指導も行います。
睡魔に襲われる事の無い様に、参加者様にも実技に挑戦してもらいますよ。
勿論、第一回目ですので内容は初級レベルですので、まだ参加を迷われている方がいらっしゃいましたらお気軽にどうぞ。(埼玉県民でなくてもオッケーです)

お問い合わせ先 埼玉県環境部みどり自然課 野生生物担当 048-830-3143 
           
久々にブログを開いて見ました。
いや~放置し過ぎた。

最近の報告としては、
タヌキの放獣2件。
オオルリ5羽、キビタキ1羽保護。(違法飼育)
ゴイサギ保護飼育。

とりあえず…落ち着いたらきちんと報告しますm(__)m
[PR]
# by w-a-tracks | 2007-12-15 02:16 | 野生動物セミナー

フリー

d0035420_22445228.jpg

イギーの手前にある、黒くてなにやら怪しげな物体は、『テレメトリー』です。

イギーの行方が分からなくなってしまった!
そんな時には、イギーに付けた小さな発信器を頼りに、受信機で場所を突き止める

フリーフライトには欠かせない、大切な道具です

『備えよ常に』ガールスカウトでの教えの通り、ちょっと奮発して『テレメ』を用意しました
野生猛禽のリハビリでも使う事になるしね

ただ、道具は使いこなせないとただの物です
使用方法は頭と体で覚えないと!
と、言う訳でお世話になっているファルコナーさんにバッチリ叩き込んで貰いました。

お陰様で先日、緊張と期待の中、イギーをフリーにしました。

相変わらず反応の良いイギー
今シーズンはどんな魅せるフライトをしてくれるのだろう…

ファルコンリーに興味のある方は、遠慮なくイギーのフライトを見に来て下さい
連絡待ってます。
[PR]
# by w-a-tracks | 2007-12-05 22:44

講習会のお知らせ

埼玉県民の傷病野生鳥獣保護ボランティア対象の『平成19年度傷病野生鳥獣保護ボランティア講習会』が開催されます。

日時
12月21日
13:30~16:00

場所
埼玉県川越地方庁舎2階 大会議室

内容
傷病野生鳥獣保護の第一歩

ちなみに私が講師をさせて頂きます。
堅苦しくなく、直ぐに役に立つ様なお話をしたいと思っています。
ボランティア登録をされていなくても、野生鳥獣保護に関心のある方も参加が出来るとの事です。

興味のある方は埼玉県環境部みどり自然課までお問い合わせ下さい048―830―3143
[PR]
# by w-a-tracks | 2007-12-04 21:59
d0035420_2338898.jpg

NPO法人道東動物・自然研究所 道東野生動物保護センターによる
『第4回 野生動物保護セミナー in 関東』が、11月17日に講習会、11月18日に実技研修と2日に渡って行われました。

☆アニマル・トラックス☆として、私は2日目の『実技研修』の講師をさせて頂きました。

予想以上の参加者に驚き、喜び、戸惑いつつ、『鳥の種類と餌について、保定、給餌方法、ファルコンリーを用いた野生猛禽リハビリ』について、実際に見て、触って、感じて頂きながら行いました。
d0035420_23382779.jpg

詳しくは、レポートにしてHPに載せる予定です。

今回の実技研修では貴重な経験をさせて頂き勉強になりました。
ご参加頂いた皆さん、森田先生、職場の先生方ありがとうございました。
d0035420_23383670.jpg

[PR]
# by w-a-tracks | 2007-11-21 23:43 | 野生動物セミナー
d0035420_1831211.jpg

今日は骨折で保護していたタヌキの放獣に保護して下さった方とスタッフで行ってきました。
その様子は後ほど。

さて、イギーは初めて私が作ったルアーにも良い反応の中、仕事の都合で室内か玄関前の路地でのトレーニングを続けていました。
今日は待ちに待ったお休み♪

タヌキ放獣と一緒に、イギー今シーズン初のフィールドでのトレーニングです。

ギャラリーがいる中、ドキドキ…
コッシーにイギーを据えてもらって…
ルアーを振ると直ぐに飛んで来ました。

昨年、イギーのトレーニングを何度かお手伝いしてもらっていたコッシーから
『反応良いね』と、お褒めのお言葉を頂きました。

確かに昨年より、ルアーに対する反応は良いのです。
でも油断大敵!気を引き締めてフリーに向け日々トレーニングを進めて行きます。
d0035420_1831220.jpg

d0035420_1831238.jpg

[PR]
# by w-a-tracks | 2007-11-16 18:03 | ファルコナー

キジバトのリリース

d0035420_1232329.jpg

続きまして、骨折で保護されていたキジバトもリリースをしました。
写真では、捕獲時にちょっと羽が乱れて、トサカが生えているように見えますが、立派なキジバトです。

天気の良い日を選んでリリースです。【動画】


元気で!
d0035420_1254252.jpg

[PR]
# by w-a-tracks | 2007-11-10 01:25 | リハビリ

チュウサギのリリース

d0035420_2354981.jpg

私が自宅で動けなかった頃、同じくして『動けない』というチュウサギが保護されて来たそうです。
割と直ぐに自分で餌も食べ、立って歩く事も出来たので、早々にダンボールハウスから鳥舎にお引越し。そして、飛ぶ事も出来たのでリリースとなりました。

チュウサギは、アマサギと同じくらいの大きさ。
冬羽になるとパッと見だと、見分けが付かなくなりますが、アマサギは頭頂部にかすかに茶色が残っています。

遠目から見ると、ダイサギとチュウサギの見分けが付かない事もあるかと思いますが、大きさの違いのほかに、嘴の長さで見分けます。
チュウサギは頭の長さより若干短め。
ダイサギは頭2つ分の長さ。

この時期にはサギ類が群れで見ることが出来ると思いますので、見比べて楽しんでください。

チュウサギのリリースの様子です。【動画】


冬が訪れる前にリリース出来そうな動物はリリースを急ぎます。
この後にもリリースの時を待っている動物達がいます。キジバト・ドバト・タヌキetc…追々リリースの様子をアップしますね。
[PR]
# by w-a-tracks | 2007-11-07 23:57 | リハビリ
いや~。久々のブログ更新です。

決してサボっていた訳でも、遊んでいた訳でも無いのですよ。(いつもこんな事言ってるな~)
今まで、そしてこれからもちょっと多忙な日々が続いています。

まずは、10月28日(日)☆アニマル・トラックス☆実習会を行いました。
学生さんからご家族まで、ご参加下さった皆様、お疲れ様でした。
私も皆さんから学ぶ事が多々あり、実りある実習会になりました。

レポートは追々…。

イギーのトレーニングはジャンプアップの最中です。
本当ならルアーを掴ませていなきゃいけないのですが、アニトラハウスに置いていた肝心のルアーがネズミに齧られ、ボロボロになっていたのです。
なもので、急遽見よう見まねで製作中。
完成しましたらこちらもアップします。

さて、告知です。

NPO法人道東動物・自然研究所 道東野生動物保護センター主催
『第4回 野生動物保護セミナー in 関東』が行われます。
11月17日(土) 14時~17時
中央動物専門学校にて

講師としてうちのオオセンセイこと『大山通夫先生』も登場します。

そして、場所を埼玉県に変えて翌日の実技研修では、私が講師を勤めさせて頂きます。
申し込みは主催者までご連絡下さい。
0153-72-1333

詳細はまた載せます。

あと、12月に埼玉県野生動物ボランティアさん向けの研修会も行います。(埼玉県庁みどり自然課主催)
こちらでも、初歩的な野生動物救護についてお話&実演させて頂く予定です。

また、近々きちんと告知していきますので、野生動物救護に関心のある方、是非ご参加お待ちしています。
[PR]
# by w-a-tracks | 2007-11-06 23:10 | リハビリ

へたこいた~

ご心配をお掛けしましたが、今日から出勤しました。
久々の仕事、人との交流、楽しい!!
…で、張り切りすぎて腰がぁ。

でもそんなの関係ねぇ~!


ところで、私が居ない間に、キジバトの雛、チュウサギ(準絶滅危惧種)が保護されて来ていました。2羽共良好だそうです。

確実に野生チーム腕上げてます!私が居なくても全然問題ないみたい(少し寂しい)

今日は、疲れたのでまた追々レポートしますね。
[PR]
# by w-a-tracks | 2007-10-22 22:54 | リハビリ

d0035420_1603890.jpg

こんにちは。Iggyです。
さて、相変わらず反応の悪いIggyさん。そんな時はダラダラトレーニングしても良い事はありません。
秋晴れで気持ちいいので早々に日光浴タイムに…
d0035420_1603853.jpg

さて、鳥は視覚聴覚に優れている動物です。代わりに味覚は低いですが…

鳥の耳ってどこにあるの?って思った事はありませんか?

実は、人間や獣と違い耳らしい突起はありません。ただ穴が開いているだけです。

写真の目の横に黒く影がある部分に耳の穴が空いています。

これなら上下左右の音をキャッチ出来ますね♪
[PR]
# by w-a-tracks | 2007-10-20 16:00 | ファルコナー