野生動物が残していった面白エピソ-ドから、真面目な話まで、様々な足跡を綴りました。      本サイトの掲載写真は許可無く転載、複製等固くお断り致します。すべての写真に著作権を有しています。


by w-a-tracks
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

驚きの展開


突然現れたキジ♂に驚くキジ♀と私達。

2羽は惹かれあうように近づき、見つめ合い、同じ方向へ歩き出します。
そして、立ち止まったかと思うと、キジ♂は求愛ダンスを踊り出し…。

まさかっ!

予感的中!!
ナント、2羽は私達の見ている前で、交配をしたのです!
リリースから十数分、キジ♂出会って数分しか立っていないのに…何とも羨ましい??

私達は大興奮しながら、『ようやく有精卵産めるね』と喜び合い、その場を立ち去ろうとすると…
違うキジ♀②が2羽の前に現れました。

『一体ドウナルノ???』

3羽の様子をもうしばらく見ていると、キジ♂は新しく来たキジ♀②の方へ歩き出しました。
ええ~!二股??

しかし、新しく来たキジ♀②は、キジ♂をスルーして、キジ♀①の方へ歩き出し、結局3羽で同じ方向に歩き出しました。

d0035420_0502475.jpg

いや~。過去10年間様々な野生動物のリリースに立ち会ってきましたが、こんなドラマティックな展開は初めてです。
残念な事に、デジカメのメモリーの容量が無く、決定的写真&動画が取れなかったのが痛い。

雛で保護していたキジなので、リリース後野生界で生きていけるのか心配していましたが、
このフィールドは仲間も多く生息している事が判り、、餌の心配も解消されました。
元気に可愛い雛を産んで、伸び伸びと生きてくれる事を祈ります。
[PR]
by w-a-tracks | 2008-06-26 00:54 | リハビリ

ドキュメンタリー

d0035420_194835.jpg

幼少の頃、欠かさず見ていた『わくわく動物ランド』

野生動物の生態を判りやすく且つ、迫力の映像を通して知る事が出来ました。
カメラの前で狩りをするライオン、衰弱し死んで行く幼獣…。
ドキュメント・ノンフィクションのインパクトは大で、恐らくこの番組の影響で、この道に進んだのかも知れません。

今回のキジ♀のリリースは、そんな事を思い出させる、強烈な出来事が起きました。


昨年の秋、雛で保護されて来たキジ♀はすっかり大人になり、リリース数週間前からポコポコ卵を産み始めました。その数14個。
残念ながらすべて無性卵。

折角、繁殖可能な状態ですから、早々にリリースしなきゃ~!っと、毎日お日様と睨めっこをしていました。


そして、5月の中旬。リリースDay決定!

イギーのトレーニングフィールドでもあるとある場所。トレーニング中にキジと出会うこともあり、リリースするならココ!と決めていました。

そして、バリケンの扉を開くと…

慌てふためきながら飛んで一つ向こうの畑に降り立ちました。

しばらく見ていると…なんとキジ♂が現れ、キジ♀の方へ歩いて行きます。

d0035420_120151.jpg



☆大興奮の続きは次回お送りします☆
[PR]
by w-a-tracks | 2008-06-25 01:20 | リハビリ

お久しぶりです!

d0035420_2313361.jpg

最近、公私共に忙しく、ネットでの活動に手を出せないでいましたが、ようやく落ち着いてきたので、ソロソロ再始動です。
いつものごとく、マイペースで。

ココ数ヶ月は、野生動物保護・リリースなどのケースが増えてきました。
やはり多いのは『誤認保護』
これは、時間を掛けてジックリ啓発活動をするしかないですね。

一個一個のエピソードはまたアップします。
[PR]
by w-a-tracks | 2008-06-23 23:13 | リハビリ