野生動物が残していった面白エピソ-ドから、真面目な話まで、様々な足跡を綴りました。      本サイトの掲載写真は許可無く転載、複製等固くお断り致します。すべての写真に著作権を有しています。


by w-a-tracks
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お久しぶりです!

d0035420_22293737.jpg

『どうも!お久しぶりっ!!』
と、こっちをチラ見しているのは、スズメの巣立ち雛です。

そうなんです、今月初めに小学生が保護してきた【赤裸のヒナ】が、立派なスズメになりました。
ここ2日で自分で餌も食べられるようになり、ようやく一安心。

週に一度は小学生の男の子がヒナの様子を見に来てくれました。
成長して行く様子に毎回驚きながら嬉しそうに帰って行く姿を、私としても嬉しく見送っていました。

とうとう、この日曜にも小学生を招いてリリース予定です。
晴れる事を祈ってます♪
[PR]
by w-a-tracks | 2007-06-27 22:29 | リハビリ

ヒバリ(雲雀)

d0035420_23342313.jpg

先日やっていた『美空ひばり生誕70年記念』の番組を、ほろ酔いの父親が陽気に歌いながら観ていましたが…。
テレビから聞こえて来る『美空ひばりさん』の歌声は、名の通りの『ヒバリの様な美しい声』でした。

そんな『ヒバリ』が保護されて来たのは数週間前。
連れて来たのは、警察の方。

【違法飼育】です。

野生動物は許可無く飼育する事は出来ません。
捕まえたり、飼ったり、買ったりすると、罰せられます。

許可とは、県から保護ボランティアとして認められた人・場所です。
ちなみに、私も傷病野生動物保護ボランティアの許可を頂いているので、手の離せないヒナなどは、職場だけでなく自宅に連れ帰り飼育をする事が出来ます。


さて、この制度はいつから出来たのか…。詳しくは分からないのですが、恐らく近年でしょう。

自分の両親・その両親(祖父母)、更にもっともっと昔は、現在とは違いテレビゲームなど無い代わりに、子供達は豊かな自然と遊んでいました。

自然とは木や川だけでなく、野生動物も立派な遊び相手。
ザリガニを捕まえたり、蟻の行列を追っかけたり…。

そして、野鳥を捕まえて、飼育し、歌声(さえずり)を競ったり、飛ばして楽しんだりしていました。

例えば、『ヒバリ』は籠から出すと、真上に上がり、上空で『ピーチクパーチク』歌います。
そして、口笛を吹くと、スッと降りてきて籠に入って来るそうです。

どう思いますか?
私は『凄い!』と、思います。

そこまで育て上げるのも、芸を仕込むのも、その鳥にたいして熱意、愛情…とにかく好きでないと中々出来る事ではないはずです。

これは立派な『日本の芸能の伝統文化』ですよね。

しかし、昔は良しとされていたその文化(遊び)は、廃れ・忘られ、違法とまで言われています。
それは、環境破壊が進んだ現代がそうさせたのではないのでしょうか?

勿論、わたしの本音は『野のものは野に…』です。野生動物を捕まえて飼う人は認めていません。

でも、昔そんな遊びをしていた知り合いの方(今はしていませんよ)に、保護した野鳥の飼育相談をすると、的確に詳しく経験に基づいた飼育方法を教えて下さって、野生動物救護にご協力頂いているのです。

環境破壊・違法飼育・野生動物救護…何が良く、何が悪いのか。
聞こえはいいが本質はどうなのか?

正直、私は一概に言えないです。

ただ、昔の遊び(文化)を『駄目!』と、故意に失われていくのは悲しいかな。

さて、本題に戻ります。
保護されて来た『ヒバリ』は左翼を骨折し、左足は怪我をし曲がったまま。

『きちんと飼育できていない(健康状態が悪すぎる)時点で文化でも何でもない。偉そうな事言えないな。』と、誰かが言い捨てました…。確かにその通りですね。

d0035420_0105914.jpg

[PR]
by w-a-tracks | 2007-06-27 00:12 | リハビリ
d0035420_23591671.jpg

約1ヶ月半、フライトフェスタや職場で☆募金箱☆を設置しました。

皆様のご好意で『17,924円』集まりました。
この募金は野生動物の飼育・管理費、教育プログラム、啓蒙活動に大切に使わせて頂きます。

早速、先日前々から欲しいと思っていた資材を募金から購入致しました。

まず、コッシーリクエストの『人工芝(¥1,520)』『お風呂マット(¥796)』
アニトラROOMを掃除すると、どうしても腫瘤症の治療中のノスリの肢が濡れてしまいます。
ですので、床材を工夫したいとの事。

Mちゃんのリクエスト『ワイヤーのリード(¥1、780)』
タヌキ2頭を外に繋ぐ際、綱のリードでは直ぐ噛み千切られてしまうので、『ワイヤーリード』で繋ぐのですが、結構高価で手が出せずにいました。これで、2頭とも外で飼育が出来ます♪

A君のリクエスト『防虫ネット(¥440)』
☆アニマル・トラックスROOM☆は網戸がないので、このまま夏を迎えると恐ろしい事になります。ですから、夏に向けて自作のネットを窓に張る予定。

私はと言うと、『竹かごの鳥籠(¥3,980)』竹かごは羽を痛める事が無く、重宝している籠です。ただ、小さい籠しかなかったので、大きいサイズ(ヒヨドリサイズ)を購入いたしました。

そして、『扇風機(¥1,980)』☆アニ・トラROOM☆用

合計…¥10,496
残高…¥7、428

皆様のお気持ちを胸に、一羽、一頭でも多くの野生動物救護を行える様、これからも頑張ります。
本当にありがとうございました。
[PR]
by w-a-tracks | 2007-06-25 23:59 | リハビリ
d0035420_23421244.jpg

まだ封を開けていない【POWER POINT ソフト】と睨めっこ。

県庁のみどり自然課さんに依頼され、8月に県内獣医師向けの野生動物セミナーの講師を大先生が行う事になり、私はお手伝いをする事になりました。

しかし、先生が、『野生動物を診るのは獣医だけど、世話をするのは看護師。
実際、リハビリテイターとして活動しているのだから、Cielからも皆に話をして。』とおっしゃいまして…。

『獣医さんに向けにお話なんて出来ませんよ~』と、返事をしたのですが、
『各々看護師さんも連れて来て貰うようにお話しするから』と。

という訳で、私もお話をする事になりそうです…。

折角の機会ですから、以前のセミナーでコッシーが作ってくれた様な資料を作るべく、【POWER POINT】を勉強する事にしました。

友人にビックリされますが、私パワポ初めてなんです。
チンプンカンプンなんです。

行き詰ったら…誰か教えて下さいm(__)m
[PR]
by w-a-tracks | 2007-06-19 23:42 | 野生動物セミナー

グングンッ!

前回の『赤裸のヒナ』
どうにか無事、元気にスクスク…と言うか、グングン成長しています。
d0035420_2215395.jpg

こんなに小さいのに、プリッと大きなウンチをします。
d0035420_22161193.jpg

プリッとしたウンチは、簡単に摘む事が出来ます。
親鳥はウンチをくわえ、遠くまで捨てに行きます。
外敵に巣があることがバレナイ様に、このプリッとしたウンチはヒナの作戦なのです。巣立つ頃には普通のウンチになります。

この頃のヒナの様子を【動画】でどうぞ。


更に数日後…
d0035420_22235054.jpg

念願の羽が生えてきました!!ようやく鳥らしくなって来ましたね。
そして、今日のヒナ。
d0035420_2224537.jpg

お目目もパッチリ開く様になりました。

どうにかこうにか、ココまで来ました。
仕事中、1時間置きに抜け出し、こっそり餌をやっていますが、(全然こっそりじゃない??)黙認して頂いている職場の皆様には感謝感謝です。

また、ブログで元気な姿をお見せ出来るように、今後も子育て頑張ります!
[PR]
by w-a-tracks | 2007-06-13 22:33 | リハビリ

私の休日 ②

d0035420_173499.jpg

『アブラコウモリの赤ちゃんみたいなのが来たよ』
…と、声を掛けられ受付に行ってみると、ハンドタオルに包まったモノを大切そうに持っている小学生が5人。

『玄関に落ちていた』
と、伸ばした手の平に乗っていたのがこの『赤裸のヒナ』です。

(ウッ、ドウシヨウ)

一瞬困惑しました。
『赤裸のヒナ』は飼育が難しい。今まで育て上げた事は無いです。正直、自信も無い。
まずは、巣が無かったかどうか、親鳥はいなかったかどうか確認しましたが、『ナイ』との返事。

(益々困った)

小学生のすがる様な眼差しと、赤裸のヒナを目の前にして、『元の場所に戻して下さい』とは、とても言える事は出来ず、

『わかりました。ヒナの飼育は難しいけどやってみるね。もし駄目だったらゴメンね。
その代わり、皆でもう一度巣や親を探してみてね。』と、伝えると、
『ありがとうございます!』と、ホッとした様子の小学生達。

でも、そんなやり取りも、悪くないよね。
子供達が小さな命を助けよう!とココまで来てくれた事が嬉しいし、その気持ちは大切にしたい。

小さい小さい赤裸のヒナは、生きている事が不思議なくらいです。

それでも。蚊の鳴くような声で餌鳴きし、パクパクご飯を食べ、スヤスヤ眠ります。
翌日には薄っすら目が開きました。

まだまだ、油断ならない状態。ちょっとした事でこの小さな命の火は簡単に消えてしまいます。
温度・湿度・餌・栄養・日光・床材etc…細心の注意を払いながら、1時間1時間を過ごしています。

あまり先の事は言いたくないのですが…このヒナのリリースを小学生達を招いて一緒に出来たら…と思っています。
[PR]
by w-a-tracks | 2007-06-09 01:07 | リハビリ

私の休日 ①

d0035420_11175951.jpg

d0035420_11175953.jpg

d0035420_11175941.jpg

予約していた美容室をキャンセルし、友達との約束も延期。

今日は一日『保母さん』です。

1時間置きにチビに餌をやり、チュンスケには日光浴させ、イギーの小屋の掃除です。
[PR]
by w-a-tracks | 2007-06-08 11:17 | リハビリ
d0035420_21275293.jpg

鷹匠道具(ファルコンリー)の製作・販売、猛禽のトレーニングを行っている
【STOOPER】の石川さんが、お手製の野生猛禽リハビリ用グローブを作って下さいました。

石川さんのファルコンリー製作は全て手作り。
野生猛禽のリハビリにファルコンリーを生かそうと道具作りも教わっていましたが、いつ見てもとても丁寧で繊細な道具作りをされていて、不器用な私は舌を巻いていました。
【使う人と鷹の事】を考え、気持ちを込めた作品です。

勿論、Iggyのファルコンリーは全て【STOOPER】製。

さて、今回ノスリのリハビリで困った事は、以前寄付していただいた【グローブ】が短い事や、革がカチカチに固まっていた事。
道具の良し悪し一つで、作業がもたついてしまいます。

ですから、【アニマル・トラックス】として、【STOOPER】にグローブの注文をしました。
直ぐに、【アニマル・トラックス・スペシャル】が送られてきました。

封を開けると…なんと、リハビリ用なのに、売り物と同様のグローブが入っていました。
『おおお~!!カッコイイ!!!(コッシー)』
『あ~!アニトラの☆だ!!焼印でA・Tが押してある!!(大興奮のCiel)』
d0035420_2156597.jpg

着けてみると…サイズぴったり!
d0035420_2149125.jpg

STOOPER】では、いつも使う人の手のサイズに合わせてグローブを作っていて、Iggyの時に注文した手のサイズで作って下さったそうです。

しかも、『売り物としては使えない革の部分で作ったから、寄付させて下さい。』と。
至れり尽くせりです。ありがとうございます。

『もう一度、大空へ…』そんないっぱいの気持ちがこもった新品のグローブを手にし、これからも野生猛禽リハビリに力を入れていこうと気持ちを新にしたのでした。
[PR]
by w-a-tracks | 2007-06-06 22:09 | ファルコナー