野生動物が残していった面白エピソ-ドから、真面目な話まで、様々な足跡を綴りました。      本サイトの掲載写真は許可無く転載、複製等固くお断り致します。すべての写真に著作権を有しています。


by w-a-tracks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

☆アニマル・トラックス☆では、
①傷病野生動物救護活動
②一般の方への啓蒙活動
③リハビリテーター育成 etc…を行っていますが、その他の最近の活動報告を。

d0035420_0271588.jpg

【野生動物リハビリテーター(初級)認定証】(野生動物リハビリテーター協会)が届きました。
そして、野生動物リハビリテーター理事長の森田正治先生が当院にいらっしゃいました。
大先生とは野生動物救護を通してお知り合いで、『一度会いにいこうと思っていたのですよ』との事。
病院、鳥舎、☆アニトラ・ハウス☆を見て頂きました。
d0035420_053568.jpg

夜、歓迎会と証して先生方とお食事会をしました。今後、リハビリテーター協会の活動『リハビリテーター育成』の協力をさせて頂く事になりました。


ファルコナーとしてもリハビリテイターとしてもお世話になっている、野生動物ボランティアでもあるJHS(Japan Hawking Society)の三枝さんの施設に行き、猛禽類の飼育場所の見学、飼育・怪我・病気についてなど教えて頂いています。
傷病猛禽保護の意識の高い三枝さんのお話はいつも勉強になり、☆アニトラ☆としても、ご協力させて頂きたいと思っています。
d0035420_120281.jpg



アライグマ等の寄生虫研究でお付き合いのある【埼玉県衛生研究所】さんに、傷病鳥の検査もお願いしてみた所、『出来る限りご協力しますよ』と、快く引き受けて下さいました。
今後、更なる原因追求を期待しています。

【フライト・フェスタ】で作った募金箱を職場に設置しました。
☆アニマル・トラックス☆の活動を、一般の方々に知っていただく切っ掛けのひとつにもなります。
集まった募金は大切に野生動物救護活動に活用させて頂きます。

また、STOOPER石川さんからは、
猛禽類の餌(ウズラ・ヒヨコ)・サギ類の餌(魚)を寄付して頂いています。
先生のご友人には残飯を頂く事があり、鳥にあげています。


活動の幅が広がるとは、【人との繋がり】が広がると言う事です。
人との繋がりを大切に、感謝の気持ちを忘れず、今後も一歩一歩前進していきたいと思っています。
[PR]
by w-a-tracks | 2007-04-23 00:27 | 想う事
d0035420_058533.jpg

昨年7月に保護されて来たフトアゴヒゲトカゲ

あれから秋が来て、寒い寒い冬もどうにか乗り切りました。
しかし、待てど暮らせど飼い主さんは現れませんでした。

先生もスタッフも半ば諦め、飼育環境を整え受付デビューさせる事にしました。
愛嬌のある姿、餌を食べる時の豪快さ、物珍しさも加味して、
患者さんからは【可愛い】&【怖い(気持ち悪い)】と意見は割れましたが、人気は上々。

緊張?興奮??腹部が平っぺたくなったり。体の色も黒・黄・赤とコロコロ変わったり。
d0035420_040315.jpg


そして、ある方が『是非、引き取りたい』と言って来ました。
先生&スタッフと親しくさせて頂いており、信用できる方なのでお願いする事にしました。
早速、水槽・ヒーター・餌など等、準備万端でお迎えに来ました。

野生動物以外でも、フェレット・ウサギ・ウコッケイなど等ペットも保護されて来ます。
怪我や病気の無い『元ペット達』は、ウチで一生を終えるより新しい飼い主さんの元で愛情一杯可愛がって貰う方が何倍も幸せだろうと、ボランティアさんを募集しています。

今回の【フトアゴヒゲトカゲ】は、このブログを通して、飼育方法を多くの方に教えて頂きました。とても参考になりました。ありがとうございました。
d0035420_0562893.jpg

[PR]
by w-a-tracks | 2007-04-17 00:41 | リハビリ
d0035420_1253553.jpg

この可愛い子(鳥)誰??
……はい。親バカCielの可愛い相棒チョウゲンボウ【Iggy】です。

トレーニングを終え、ただ今発情中。
私を見ると、『チェッ、チェッ、チェッ』と甘えて鳴き、頭を下げ、尾羽を高く上げ誘ってきます。
そんな姿をみると…も~抱きしめたくなっちゃいます。

さて、気候もだいぶ穏やかで暖かくなったし、小屋に放してトヤさせる事にしました。
換羽の時期に毎日お腹一杯食餌を与え、ストレスを与えないようにする事で、強くて立派な羽が生えてくるのです。
来期に向け、Iggyの大切な休息期間と言う訳です。

ただ、触れ合う事が当分出来なくなる…寂しいなぁ。
小屋に入れる日、餌を食べる様子を堪能し、水浴びもさせて、
≪水浴びの様子(動画)≫

記念撮影しました。(おバカが過ぎてきましたね…)
d0035420_1395314.jpg

小屋に入ったIggyはちょっと不安げな様子。(…に見える)
来期までの我慢だぞ!…と、自分に言い聞かせるのでした。
[PR]
by w-a-tracks | 2007-04-16 01:47 | 動画

ノスリ

d0035420_23215029.jpg

野生猛禽のリハビリに力を入れている、JHS(Japan Hawking Society)の三枝さんからの依頼で、保護飼育中の6羽のノスリの内、2羽を☆アニマル・トラックス☆が治療&リハビリを引き受けることにしました。
日頃から、野生猛禽保護活動を相互協力していこうとお話している中での依頼になりました。
ノスリを迎えるに当たって、止まり木や飼育スペースの準備開始!
早速、電動ノコギリ・電動ドリルを両手に持ち、止まり木に使えそうな木片を探し、就業後大工仕事です。コレも立派なリハビリテイターのお仕事ですよ!
d0035420_23164832.jpg

木片を釘でツギハギ状に留め、見た目は『んん~』だけど、ブロックパーチを作りました。
しかし、3日で壊されました…。
ノスリのベイトの力って、結構強いのね。こういう経験をしながら、試行錯誤勉強して行く事が大事。

【♀・2年目】はCiel担当。
羽の状態は良い方です。この子はどんどんリハビリを進めていく予定です。
d0035420_2329751.jpg

【♀・成鳥】はコッシー担当。
羽の状態はボロボロ。更に、両足重度の【バンブルフット】です。
ひとまず、マニングしながら治療を進めます。
d0035420_23314423.jpg

[PR]
by w-a-tracks | 2007-04-14 23:33 | ファルコナー

タヌキ(下顎骨折)

d0035420_052281.jpg

下顎骨折のタヌキが保護されて来ました。
場所は調整池。
周りはコンクリートで囲まれ逃げ場は見当たらない場所。
d0035420_063938.jpg

他の仲間は何とか逃げたのですが、この子はこの壁を必死によじ登り、配水管へ逃げ、行き場をなくしてしまいました。
数日経っても出てこないのを心配した住民が、役所に連絡して捕獲したそうです。
d0035420_091941.jpg

保護されて来た時は、痩せ細りたったの2.4kgしかありませんでした。
d0035420_0142420.jpg

下顎は折れてから、かなりの数日が経過していた様です。
d0035420_0151876.jpg

早速、手術を行いました。
ワイヤーでの固定です。
d0035420_0195168.jpg
d0035420_020744.jpg

折れてから経過が長いと付きにくくなります。
当分安静が必要ですから、鼻からカテーテルを入れ、直接胃袋に液体の栄養剤を流し入れ給餌しています。

【現場の写真提供】
市役所 環境産業部 環境保全課様

写真1 配水管の奥でこちらを見つめるタヌキの姿
写真3 壁にクッキリ残る爪の跡。どれ程必死だったのか伝わります。
[PR]
by w-a-tracks | 2007-04-09 00:21 | リハビリ

アオサギ

d0035420_1204925.jpg

d0035420_1205060.jpg

右トウ尺骨骨折のアオサギが保護されて来ました。
パックリ&バラバラ開放骨折です。患部はかなり汚染されていました。

とにかくオペしてみよう!と、今回は創外固定を試みる事にしました。
創外固定はまだ2回目で、想像と実際の処置の違いを実感しつつ、手探りながら、実習中のYさんにもお手伝い頂きなんとかオペ終了。

レントゲン上は上出来に見えますが患部は…かなり根気強く洗浄&消毒が必要です。

これからは術後管理が勝負です!傷も体調管理も頑張ります。
[PR]
by w-a-tracks | 2007-04-07 01:20

第4回実習会のお知らせ

桜満開の良い季節になりましたね~。
最近忙しさにかまけてブログ更新をサボりがちですが、書きたい事は山程あるので追々…
さて、4月27日(金曜)実習会を開催します。

ご参加頂ける方は
題名を『実習会参加の件』にして、
hiyobird@yahoo.co.jpまでご連絡下さい

多くの方のご参加をお待ちしています。
[PR]
by w-a-tracks | 2007-04-04 12:46