野生動物が残していった面白エピソ-ドから、真面目な話まで、様々な足跡を綴りました。      本サイトの掲載写真は許可無く転載、複製等固くお断り致します。すべての写真に著作権を有しています。


by w-a-tracks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


d0035420_23231460.jpg
10月29日(日)午後2時より
念願の☆アニマル・トラックス☆初イベント
野生動物救護セミナーを開催しました。

天気予報が外れ、晴天の中
ご参加頂いたのは、老若男女、地元の方から他県の方まで総勢約35人。

予想以上の人数にバタバタしてしまいましたが、一応プログラム通りに進める事が出来ました。
(詳しくは、近日中にHPでレポートにまとめます)

今回のテーマは【身近な野生動物を知ろう!】でした。
とにかく、分かり易く楽しいを念頭に企画をしていた訳ですが…

ご参加していただいた皆様いかがだったでしょうか??
時間が押してしまい、質疑応答の時間を取ることが出来なかったのが心残りです。

アンケートでは、殆どの方に【また参加したい】と書いて頂けました。(嬉しい!!!)

私達としては、多くの方が【野生動物救護】に関して興味を持たれている事を知り、
また、なかなか学ぶ事の出来ない分野である事も教えて頂きました。

今後も、第2回、3回と行う事で、皆様と協力し合いながら【野生動物救護】活動を
行っていけたらと考えています。

救護活動を通して、動物達から教わるメッセージを元に、
私達に出来る【自然・環境保護】を行う事で、
私達人間が野生動物達に☆アニマル・トラックス☆を残せたら…


多くの方々のご協力・ご賛同ありがとうございました。

☆スタッフ一同☆
d0035420_23233314.jpg

[PR]
by w-a-tracks | 2006-10-30 23:22 | 野生動物セミナー

雨女???

ええ~っ!
こんなに天気良い日が続いていたのに!!!

なんと、今日は曇り時々雨…とか言って【降水確率50%】ってどういうこと?

でも、ご安心を。
☆野生動物リハビリテーションルーム☆は室内で行います。

あと、12時間後か…さっきまでリハをやっていたのですが、ボロボロ…。
わざわざ、新聞の記事見て申込み下さった方もいるのに…。

まだまだ、寝れそうにないです。
[PR]
by w-a-tracks | 2006-10-29 02:04 | 野生動物セミナー

CMのCM

とうとうイベント前日です。
アタフタしながら、あと一息まで準備も進んでいます。

そんな中【毎日新聞】さんが取材にいらっしゃいました。
アレコレお話しさせて頂きましたが、上手く伝わったか不安…(^^;)

当日は、地元のケーブルテレビさんがいらっしゃるそうで…。

こんなことじゃ~本番迎えられませんね。
通勤中、話す内容予習しなきゃです。
[PR]
by w-a-tracks | 2006-10-28 00:09 | 野生動物セミナー
先週辺りから、☆アニマル・トラックス☆メンバーの動きが何やらアヤシイ…

お得意のダンボール工作をセッセコ始めた【アニマルキーパー】のMちゃん。
『可愛い~♪』
d0035420_23511970.jpg

29日のイベントのアンケート回収BOXです。
お子さん連れの方もいらっしゃるので、可愛く作ってくれました。
他にも、紙粘土で当日展示予定の鳥の模型もチョチョイと作り、日曜には残業してケージ・鳥舎の大掃除も(大変な肉体労働です)進んでやってくれました。

もう一人のキーパーのA君は…
朝・昼は動物達の餌作り・掃除で大忙し。
d0035420_23584022.jpg

自転車&バスで出勤している彼は、バスの時間ギリギリまで残業して
過去の野生動物カルテ】の整理をしてくれています。
これまた、私じゃ無理だわ~って位、細かく見やすい表にしてくれています。

『お~い!コッシー!!二人とも凄く頑張ってるよ~!!!』
と、野生動物担当獣医師のコッシーの姿を探すと
d0035420_025357.jpg

アオゲラ用の餌入れ兼止まり木を作っている最中。
『今まで使っていた木がボロボロになっちゃったんだ~。』と言ったら、
早速作ってくれていました。

先生は休み無く職場に来ては、入院患者の世話と野生動物の治療をしています。
本当に頭の下がる思いです。

もちろん皆、休日出勤も、野生動物残業もボランティアです。
私は何てことは無いのですが、『皆には申し訳ない』と言う気持ちがあり、一応声は掛けるものの、極力一人でやろうと思っていました。

しかし、『今週は残業して頑張って仕上げましょうね!』とスタッフから言って来ました。
しかも、そろいも揃って文句も言わず、常に≪笑顔≫なんです。

更に、職場の先輩や先生も、勤務中に暇を探しては準備を進めている私達に文句を言う事も無く、『人が集まればいいね』と応援して下さっています。

…やっ…やばい!涙出そう(><)

私も頑張んなきゃ!
d0035420_0133340.jpg

フクロウは少しずつですが確実にトレーニングの成果が出てきました。
イギーも夜明け前に私に起こされながら、朝練をこなしています。

さ~て、あとは大の苦手な『原稿』を仕上げなきゃだな!

※写真はクリックすると拡大されます。
[PR]
by w-a-tracks | 2006-10-24 00:26 | 野生動物セミナー

夢の話

交通事故で、カルガモが保護されて来ました。
左足の骨折と頸部~胸部の気腫です。
一晩様子を見た後、骨折の処置をしました。
当初、ピンニング手術を検討していましたが、色々問題があり断念。外固定に決まりました。
外固定もアレコレ検討し、試し…。

今までは基本的にリハビリテイターである私が、状態を見て、調べ、処置を決めていました。

今は、野生動物担当獣医師、リハビリテイターがお互いの知識、経験、技術を出し合い、話し合いの元処置を決めています。

お陰で治療の幅が随分広がりました。

今後はキーパーと飼育管理法を話し合いながら治療を進めます。

まだまだ小さなネットワークですが、今後少しずつ広げて行く事…それが私の夢の一つなのです。
[PR]
by w-a-tracks | 2006-10-20 23:10
d0035420_1183380.jpg

『ピーッピーッ!!』
『こら~!ズボンの中に入るな!!!』
と、私の後を追っかけて餌をねだっているのは、ドバト(幼)です。

とある工場のとっても高い屋根裏から落ちて来たと、電話での相談がありました。
幾つか親元に戻す方法をお話して、数日の間、屋根裏に戻したり、親を探したりして頂いたのですが、どれも上手く行かず…

工場の外はダンプの往来が激しく、とても放せないとの事でしたので、預かって独り立ちするまで育てる事にしました。

d0035420_1224718.jpg

嘴の先はまだ白く(卵歯)、黄色い産毛も残っています。
痩せているのですが、食欲・元気は見ての通り。
d0035420_1271815.jpg

飛べるようになったらリリースです。

更に…
d0035420_1382613.jpg

キジバト(若)です。
頭部に怪我、右上腕骨の骨折(開放)がありました。

直ぐにオペを施し、毎日傷口の洗浄です。
d0035420_1302091.jpg


今回の2件で判る事は、『鳩は秋も繁殖をしている』と言う事です。
餌の少ない秋にです。

実は『鳩は年中繁殖可能(状況にもよりますが)』なのです。

それは、『ピジョンミルク(鳩ミルク)』を分泌し、雛に与える事が出来るからこそ。
凄いですよね~。
[PR]
by w-a-tracks | 2006-10-20 01:35 | リハビリ
フクロウ・イギーにジェス・アンクレットをつけた翌日からトレーニングが始まりました。
d0035420_021053.jpg

雛で保護されて来たので、狩りをした事が無く、餌を掴む、引き千切る事が出来ませんでした。
それ以前に餌に対しての執着心が低く、置き餌も残すことの方が多かったです。
当然ウェイトも低い状態でのトレーニング開始です。

これは慎重に行かなければ…。

フクロウのトレーニングは初めてなので、手探り状態でゆっくりですが、
ウェイトの変化、反応、習性など等、身を持って体験する事で日々勉強になっています。

今はまだマニングの最中。
先週まで餌の食いが悪い時が続き、トレーニング時間が1時間では収まらず、2時間以上になってしまう事がありました。

長時間のトレーニングは鳥の集中力も損なわれるので、
夜が明ける前に出勤し、仕事が始まるまでフクロウの早朝トレーニング。
仕事後、フクロウの夜間トレーニング。と、2回に分けていました。

そして、帰宅後深夜にイギーのトレーニング。
勿論、休日も出勤です。

…そんな毎日。

ほかの事は何も出来ず。イベント準備もドンドン進めたいのにな…
正直、気は焦ります。

でも、鳥のペースに合わせて、今は我慢我慢。

で、イギーですが。
d0035420_01917.jpg

STOOPERさんに新しいルアーを注文しました。
このルアーは野生猛禽のトレーニングでも使用する予定ですので、
野生猛禽トレーニング価格にして下さいました。(助かります。)

今までとは形も大きさも異なります。
イギー位の大きさがありそう。

初 日 初めて見るルアーに無反応。想定内です。
2日目 手に持ったルアーに乗って餌を食べました!
3日目の今日は、餌の付いたルアーに即反応。パーチから床に置いたルアーに飛んできました!!
1m、3m、思い切って7m。 全て反応良し!
d0035420_0272720.jpg


明日はもう少し距離を延ばし、反応が良ければ…
イギーも早朝トレーニング開始です。

本気でコピーロボットが欲しい今日この頃…(^^;)
[PR]
by w-a-tracks | 2006-10-17 00:34 | ファルコナー
来る29日の☆野生動物リハビリテーションルーム☆に向け、
我が、☆アニマル・トラックス☆内でもファルコンリーセミナーを行いました。
第一回目は【アンクレット・ジェス・テイルケース】作りです。
まずは、ファルコンリーについての簡単な説明。そして、早速道具作りです。
d0035420_22474880.jpg

二人とも初めて扱う(作る)鷹匠道具・工具・革…に始めは戸惑いながらも、手際よくこなしていきます。
私も説明をしながら、作りながら…復習です(^^;)
d0035420_22534968.jpg

d0035420_22563679.jpg


翼の骨折で保護している【フクロウ
骨は固まったものの、まだ飛べるかどうかも疑問で、飛べるとしても時間が掛かりそうです。
飛翔リハビリを行うほどの施設は無いので、ファルコンリーを取り入れリハビリを行う事にしました。
作ったアンクレット・ジェスを付けました。
d0035420_22582160.jpg

d0035420_22583144.jpg

そして、Iggyもイベントに向けフクロウと共にトレーニングに勤しんでいます。
[PR]
by w-a-tracks | 2006-10-15 23:04 | ファルコナー

☆シーズン突入☆

d0035420_105955.jpg

『ファルコンリー(鷹匠技術)を野生猛禽のリハビリに生かしたい』

あれから2年間、ど素人の私を丁寧に指導してくださった
トレーナー【STOOPER】の石川さんの元、
多くのファルコナーさんから色々学びながら、
チョウゲンボウの『Iggy』とトレーニング・道具作りに励み、
野生猛禽の治療・飼育にもファルコンリーを取り入れてきました。

そして迎えた3年目の今シーズン。
トレーニング・道具作りを、本格的に自分で行う事に決めました。

☆アニマル・トラックス☆メンバーやリハビリテイターを目指している方に
伝えていく側になるのです。

道具を一つ一つ揃え準備を進め、鷹道具作り、トレーニング開始です。

過去2年間のトレーニング・ログ・ブックを不安気に見つめる私を尻目に、
【Iggy】は順調にトレーニングをこなして行きます。
d0035420_122688.jpg

師匠の言葉『プロを目指して』を胸に、
頼りになる相棒と今シーズンどこまでやれるのか、挑戦です。

※ 野生猛禽ボランティアをされている【STOOPER】さんから、余った革など
  ☆アニマル・トラックス☆にを寄付して頂いています。
d0035420_114572.jpg

[PR]
by w-a-tracks | 2006-10-11 00:53 | ファルコナー

オオタカ(若・♀)④

トリモチもすっかり取れたオオタカ。
元気・食欲&やる気もモリモリ。

とうとう、リリースです!

本当は先週、県内の野生動物を管轄している、環境事務所さんの立ち会いの元、リリースする予定だったのですが、台風による大雨により残念ながら中止(ToT)

秋晴れの昨日、行ってきました。
リリース場所は環境事務所さんに教わった場所。

実は、最近のオオタカ調査では生息数の増加が確認されているのですが、環境の変化で生息地が激減。

テリトリーを持つオオタカはこの地域では『おしくらまんじゅう』のギュウギュウ状態なのです。

他のオオタカのテリトリー内でリリースしても追い出され、隣りに逃れてもまた誰かのテリトリーなら追い出され……

そういった懸念があったので、テリトリーの隙間を環境事務所さんに調べて頂いて、その場所に行って来ました。

箱を開けると、しばらくの間躊躇したのか、ジッとしていましたが、力強く森へ飛び立って行きました。
d0035420_23294670.jpg
d0035420_2330572.jpg
d0035420_23302964.jpg
d0035420_23304530.jpg
d0035420_23305728.jpg
d0035420_2331733.jpg
d0035420_23312176.jpg

いつも、リリースは呆気ないもの。
でも、その方が頼もしく思えるのです。
[PR]
by w-a-tracks | 2006-10-10 10:53