野生動物が残していった面白エピソ-ドから、真面目な話まで、様々な足跡を綴りました。      本サイトの掲載写真は許可無く転載、複製等固くお断り致します。すべての写真に著作権を有しています。


by w-a-tracks
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

コノハズク

d0035420_23275529.jpg

以前、保護されてきた『コノハズク』は日に日に良くなって来ました。

毎日頻回の点眼により、右目の眼球内の出血は治まりました。

右目の麻痺により、瞬きが全く出来ずドライアイになり、
自分で眼球に傷を作ってしまっていたのですが、
これも点眼により少しずつ回復し、瞬きも大分出来る様になりました。

ただ、まだ瞳孔は開いたままで、視力も落ちています。

さし餌でも置き餌でも食欲は旺盛で、
ミルワーム、青虫、毛虫、コオロギ、バッタなど、様々な餌を食べてくれます。

時々『ハラハラ』と無音で飛び、「カッカッカッ」と威嚇もします。(^^)
先日も、夜間にダンボールハウスから脱走し、物置の隅に隠れていたりして‥
まぁ。順調かな。

瞳孔反射が戻ればリリースですね。(余りに可愛いので少し寂しいけど)
d0035420_23275674.jpg

[PR]
by w-a-tracks | 2005-10-25 23:27 | リハビリ

トリコモナス症

d0035420_22421775.jpg

「口と足に怪我をしている」と、ドバトが持ち込まれました。
ん?足は確かに怪我でしたが、口は何かが出来ている…

クリーム状のチーズ様の塊は…
『トリコモナスだ!』
d0035420_22421848.jpg

そうです。鳩では結構寄生が見られる
『トリコモナス症』です。

原虫がそ嚢内に寄生し、周辺器官に広がり、様々な症状が出てきます。
嘴や口腔内にチーズ様の潰瘍が出来るのが特徴です。
こんなに、見事な潰瘍は初めて見ました。

更によく見ると、全身『シラミ』だらけ。(ーー;)

早速、『フロントライン』(外部寄生虫除去剤)を付け、口腔内の潰瘍を取り除き、抗トリコモナス剤のフラジールを飲ませる事にしました。

ただ、かなり重度のトリコモナス症とシラミの寄生だったので、
予後不良かな~と、流石に不安を感じました。

‥がっ!何と、次の日には自分で餌を食べました。(恐るべしハトの生命力!)

もう一度シラミの駆除を行うと、羽根はツヤツヤになり
ハトパンチを繰り出す元気も出てきました。

あと数日、トリコモナス症の治療をしたら、リリース予定です。

d0035420_22421831.jpg

[PR]
by w-a-tracks | 2005-10-25 22:42 | リハビリ
d0035420_13132328.jpg

d0035420_13132423.jpg

玄関で飛べないところを保護されて来ました
初めは『ジョウビタキの♀』かと思いましたが、ジョウビタキの特徴の翼の白点がありません。

(?_?)ん~困った

早速【BIRDER】で野鳥のイラストを描かれている画家の『赤 勘兵衛先生』に連絡を取り、見ていただきました。

するとサイズ、足の太さ、色、季節などから『キビタキの♀』かな~。との事
「ちょっと調べないと分かんないけど…」とおっしゃっていましたが、さすが!の一言です。

頭部の打撲で腫れ上がっていた左顔も、ようやく治ってきました。
リリースの期待が高まります
[PR]
by w-a-tracks | 2005-10-22 13:13 | リハビリ

ツツドリ放鳥

d0035420_19272822.jpg

d0035420_19272958.jpg

左翼が下がっていたため、保護していたツツドリ(若)

すっかり良くなり、リハビリの為に部屋内で飛ばしていました。

初めは低空飛行しか出来なかったのですが、次第に天井辺りをクルクル上手に飛べるようになりました。

いつも、窓際に止まり空を眺めては、網戸にしがみついていました。

その様子が心苦しくもあったのですが、最近天気が良くなかったのでなかなか放鳥出来ず(^_^;)

ようやく、数日晴れが続くと、天気予報が出たので放鳥しました。一目散に少し離れた林の中へ飛んでいきました。

ツツドリの保護は初めてだったので、手探り状態でしたが、リリースまでたどり着けて本当に良かった~(>_<)
これで引きだしが一つ増えました。
[PR]
by w-a-tracks | 2005-10-21 19:27 | トラッキング

ミドリガメ&カワセミ

d0035420_0351961.jpg

交通事故らしき「ミドリガメ」が保護されて来ました。
甲羅は割れ、鼻からは出血し、頭をすぼめて出てきません。

甲羅にも血管が走っている事に驚きながら、
何とか甲羅を元の形に戻すと、ようやく亀が顔を出しました。

うまく甲羅が付いてくれればいいな~。

そして、久々に「カワセミ」が保護されて来ました。
猫が銜えて来たそうです。(^^;)
d0035420_0351912.jpg

何度見ても美しい色彩の羽!!
宝石の様です。
d0035420_0351930.jpg

d0035420_0352030.jpg

でも…カワセミの飼育は難しい…
苦手とする鳥です。

まず、ストレスに弱い。餌付きが悪い。
という事は、強制給餌をするとストレスで落鳥の可能性が高いのです。
出来れば、早々にリリースしたい。

…でも、目立った外傷はないものの、全く飛べす。

【エキスペ】を飲ませて、ワカサギを切って少し食べさせました。
短期で状態が上がって来る事を祈ります。
[PR]
by w-a-tracks | 2005-10-14 00:35 | リハビリ

コノハズク

d0035420_23304975.jpg

110gの小さい体で『キッ』っと睨みを利かせているのは、
今日の夕方に保護されて来た『コノハズク』です。

『オオコノハズク』『アオバズク』は比較的保護されることがあり、
何度か見た事、リハビリした事があるのですが、『コノハズク』は初めて見ました。

庭先で動けないところを保護し、運び込まれたのですが、
右目が出血していて開かないので『追突による打撲』ではないかと思います。

今日の所は【エキスペ】を飲ませ、ダンボール内を暖かくしてそっとしておきました。

昆虫を主食としているので、帰りに早速【缶詰めコオロギ】(熱帯魚や爬虫類の餌)
を購入し、明日与えてみる事にします。

更に、職場の周りで大繁殖している【バッタ】【コオロギ】【毛虫】も
獲ってやってみる予定です。

フクロウもズクも顔の横に大きな耳が隠れています。
因みに、左右の位置は、より音を収集出来るように、上下にずれています。

で、耳の辺りを指で【コチョコチョ】すると…
催眠に掛かったようにうっとり目をつぶり寝てしまいます。

その隙に体重を量ったり、
強制給餌が必要だけど、中々食べてくれない子には、
餌を口に入れて揺さぶり起こすと
ビクッと起きて、思わずモグモグ食べてくれるのです。

その様子はめちゃめちゃ可愛いです。


とっても小さな猛禽類。

その分、体重や管理を人一倍気を使わなければなりませんが、
リリースの期待を込めて頑張ろうと肝に銘じたのでした。
[PR]
by w-a-tracks | 2005-10-12 23:30 | リハビリ

丸い!!!

d0035420_114144.jpg

先シーズンは、まったく『餌鳴き(餌を欲しがって鳴く事)』をしなかった『Iggy』

しかし、トヤに入ってから『餌鳴き』が始まりました。
そして、今も。
人間も動物も、小さく(2頭身・頭でっかちなど)丸い動物を見ると本能的に
『可愛い』と思うそうです。(確か…)

だからか、体をまん丸にして『キーキー』っと餌をせがみ、鳴く『Iggy』
ん~可愛い…くない。

本鳥はカワイ子振っているのでしょうが、カエルみたい。
この姿を鏡で見せてあげたい位です。(ーー;)



でも、やっぱり可愛いです。(親ばか)
[PR]
by w-a-tracks | 2005-10-10 01:01 | ファルコナー

トレーニング開始

d0035420_22272957.jpg

昨日からチョウゲンボウ『Iggy』のトレーニング開始しました。

目的は【傷病猛禽リハビリテイター訓練】です。

ペットではありますが、Iggyの訓練を通して、道具、トレーニング法などのスキルを得て、
野生傷病猛禽リハビリに役立てたいからです。

早速ジェス(足革)・テイルケース(尾羽保護ケース)製作し、
久々に拳にIggyを据えました。
…がっ。
『ベイト、ベイト…(逃げようとして拳から落ちる、バタつく行為)』
ちっとも乗ってくれません(T_T)

当たり前ですよね。半年間、人の手から離れ、自由にお腹一杯ご飯を食べる
生活を送っていたのですから。

『また、一から始めるのか…』
不安と期待が入り混じった心境です。
でも、拳の上で緊張しているIggyの重みを感じていると、
先シーズンの事が思い出され、やる気が沸いてきました。

まずは【ウェイトコントロール】です。
猛禽の訓練は、最高体重の80%に落とす事から始めます。

鷹匠さんが自由に猛禽を扱っているのは、人に懐いている訳ではないのです。

お腹がすいている→餌に集中→人の拳の上でも餌を食べる。
更に発展すると、飛ばしたり、狩りをさせたり出来るのです。
d0035420_22272947.jpg

目標体重は210gです。
[PR]
by w-a-tracks | 2005-10-04 22:27 | ファルコナー