野生動物が残していった面白エピソ-ドから、真面目な話まで、様々な足跡を綴りました。      本サイトの掲載写真は許可無く転載、複製等固くお断り致します。すべての写真に著作権を有しています。


by w-a-tracks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

モルディブ~空~

時計を外して
時間を忘れて
思うままに過ごしたモルディブの日々

空を眺める事ばかりしていました

様々な青以外に
赤 ピンク 茶 白…
表現出来ない様々な色の移り変わりを見て
『あ~もう夕方だな』
って、時間を把握する感じ

日の出を肴に夜明けのコーヒーを楽しんだり
闇を貫く稲光に言葉を失ったり
波の音をサウンドバックに
満点の夜空を月が移動して行く様子を見るのに夢中になり
気付けば朝を迎えていたり


デッキは映画館にもプラネタリウムにもなったけど
それほど、ホンモノの空の魅力は無限だった

【夜明け】
三日月と孤島
d0035420_18264829.jpg

重い海
d0035420_18204550.jpg

赤い太陽
d0035420_1822549.jpg

元気玉
d0035420_18283357.jpg


【夕焼け】
夕日色の世界
d0035420_18315617.jpg

サヨナラ
d0035420_18351413.jpg


【夜景】

d0035420_1838351.jpg

夜景といっても少し先に見えるコテージの明かりのみ
夜空はと星の舞台のオンパレードです
[PR]
# by w-a-tracks | 2009-05-10 18:40 | トラッキング
d0035420_9423522.jpg

ご無沙汰です~♪
今年の3月に結婚し、あわただしい新生活を送ってました
今回はハネムーンで訪れた【モルディブ旅行記】です

モルディブについて少し

インド洋北部、セイロン島(スリランカ)の南西600キロメートルに浮かぶモルジブ諸島からなる国。
北緯7度から赤道直下まで、820キロメートルにわたって点在する約1200の島より構成される。

面積298平方キロメートル。このうち約200島に27万0101(2000)の人が住む。島々の周囲には巨大なサンゴ環礁が存在し、この環礁を単位として、ファディフォル、ムラク、アドゥーなど19の行政区に分けられている。首都はマレ島のマレ。島々は標高6メートルに満たない低平な地形をなしヤシ林に覆われる。

年平均気温28℃の熱帯気候で、1~4月に弱い乾期がみられる。

ハネムーンを決めるにあたり、海外旅行反対派の旦那さまと一緒に行く海外旅行はこれが最後だろうと思っていたので【海外旅行ならではの開放感】を味わえる場所に行こうと考えていました

そして、『海外旅行も良いね』と言わせたい!

ニュージーランドが第一候補だったのですが、
旦那さまは北部で温泉に入りたい
私は南部でペンギンが見たい
二人の意見を組み込むと、超多忙!

そこで、お互いの希望を出してみると…

『のんびりしたい~』旦那さま
『寒いのいや~』私

っと言う訳で『南国でのんびり』に決まり☆
どうせ南国行くなら、どっぷりハネムーンらしい『水上コテージ』に泊まりた~い
(もしかしたら、これが夫婦最後の海外旅行かも知れないし、贅沢しちゃえ!)

で、探しに探して式場と提携して割引のあるJTBさんに決まりました

私は海外旅行は数回行っているのですが、いつも友達に任せっきりで簡単な会話も…でもなんとかなる!と思っている
旦那さまは初めての海外旅行で『旅行で使える英会話』の本まで買って準備万端
そう、二人の性格は真逆なんです

機内食を食べてのんびり映画を見ていると、添乗員さんがハネムーナーへのプレゼントですと
ケーキ&ワインをサービスしてくれました
お腹いっぱいだったのでちょっと重かったけど、美味しく頂きました
d0035420_1015728.jpg

シンガポール経由して首都マレーに入り、スピードボートで20分走り私達のホテルのある島に到着したのは深夜

とにかく星が綺麗☆☆☆
北斗七星とオリオン座しか分からなかったけど、今にもこぼれ落ちて来そうな程の沢山の星に感動

その日はそのままバタンキュー

目を覚ますと、まさに青い空、青い海
空と海の境が分からないほどの青・藍・蒼・紺・水色
こんなに青に種類があるとは……知らなかった
d0035420_10171886.jpg


お部屋はこんな感じ
d0035420_10284359.jpg

d0035420_10241365.jpg
d0035420_1024276.jpg
d0035420_10244426.jpg

基本的に何も予定を入れていなかったので、
部屋でテラスでビーチで昼寝したり、本を読んだり(私)、お酒を飲んだり(旦那さま)
島探索したり(のんびり一周しても30分かからない位)
シュノーケリングしたり…ホントの~んびり
[PR]
# by w-a-tracks | 2009-05-08 10:25 | トラッキング
2008年は個人的に多忙な一年でした。
今年も前半はバタバタと過ごす予定です。

そんな中ですが、今年も埼玉県庁環境部さんの依頼で『アニマルレスキュー講習会』の講師をお受けする事になりました。

県内のアニマルレスキューボランティアさん、お役所の関係者さん向けに、剥製を用いて現場で役に立つ技術&知識を簡単にお話したいと思ってます。

詳しくはまたアップします。

では、本年も宜しくお願いします。
[PR]
# by w-a-tracks | 2009-01-02 12:09

サシバ

d0035420_20213012.jpg

サシバのトレーニングは就業後に行っています。
因みに、隣りではMちゃんがトビのマニングを、外ではコッシーがチョウゲンボーのフライトトレーニングを行っています。

さて、今日のサシバも口を大きく開け、まだ緊張しっぱなしのご様子。

薄暗い部屋にてホイッスルの合図と共に、少しずつ餌を囓らせたり、足、胸、羽など触りながら馴れさせています。
[PR]
# by w-a-tracks | 2008-10-27 20:21

サシバトレーニング開始

私が犬に噛まれてバタバタしている内に、サシバのリリース時期が過ぎてしまいました。
今なら丁度渡りに間に合うのですが、保護鳥は渡りの1ヶ月前にはリリースしないと、渡りをする程の体力まで回復出来ないのです。

よって…春を待つ事に。

少しでも快適?ストレスなく過ごせる様に、今日からマニング(懐け)をいれます。

3日餌を抜いていたので、割りと直ぐにエガケに乗りウェイトもベイトをせずに計らせてくれました。

まだ、空腹より恐怖が勝っている様ですが、徐々にやって行く予定です。
[PR]
# by w-a-tracks | 2008-10-25 22:27

アオバズク

d0035420_2030581.jpg

カラスに攻撃されていたアオバズクが保護されて来ました。

左目、頭、口、腰…
全身に酷い外傷を受け神経症状も出ています。
翼や足に骨折がなかったのが不幸中の幸い。
ザッと診察中に、パタリと倒れ、呼吸も絶え絶えで死にそうになりましたが、どうにか持ち堪えました。

点滴処置をし、山を越えたアオバズク。

翌日の夜には少し餌も食べました(凄い!)
心配していた左目は癒着があるものの、見えていました。
斜頚や外傷は時間を掛けて診る事に。

写真の様に、いつ倒れてもおかしくない程の重体なのに、差し出した餌を、小さい体を揺らしながら、懸命に食べるアオバズク。

改めて、命の尊さを教えて貰っています。
[PR]
# by w-a-tracks | 2008-10-21 20:30

サシバ

3週間ちょっと前の事『ノスリ』を保護したと連絡が来ました。
見てみると…

『ん?
違うよねぇ…似ているけど、小さいし…』

ふっとよぎったのは『サシバ』

ただ、今まで保護した事がないし、ここら辺では『オオタカ』に追いやられ、数が少ないと聞いていたもので、確証出来ないでいました。

早速『赤勘兵衛先生』をお呼びして見てもらう事に。

『ノスリのオス…んっ待てよ!サシバだ!』
お~やっぱり!勘が当たった~♪

顎に黒の縦線、胸の斑の入り方など識別方法を教えて頂きました。
現在、サシバの渡りまでにはリリース出来る様、治療&飼育中です。
[PR]
# by w-a-tracks | 2008-10-06 20:46

お引っ越し

d0035420_022484.jpg

d0035420_02241.jpg

衣替えの季節になりました。
寒がりな私は『もけもけブランケット』に『羽毛布団』を引っ張りだしているのですが、更にウワテな職場のKちゃんは『コタツ』を出したとの事…
まだ秋なのに越冬出来るのでしょうか?

さて、今現在保護している野生動物は終生飼育か来春目指してリハビリ中の子達です。

これから迎える冬に向け、お引っ越しの準備に取り掛かります。

まずは小鳥から(鳥は寒さに弱いので。小さい鳥になればなる程)
3羽ツバメ集。
水槽に爬虫類用ヒーターを敷きました。

暑い過ぎたり、湿度が高過ぎない様に微調節して行きます。
[PR]
# by w-a-tracks | 2008-10-02 00:22

カルガモ

d0035420_2031938.jpg

d0035420_2031962.jpg

人工孵化で育ったカルガモが持ち込まれました。
孵化させたのは一般の方です。
訳あって卵を保護?し、調べて保温したら孵ったとの事。

餌や環境管理までは上手く行かず…左翼が曲がってしまいました。
雛って何でもピーピー食べるからと、安易に育てると必ず体に異変が出ます。

今回はかなり重症。
骨の発育も弱いものの、骨折等は無いので、まずは外固定で様子をみます。

写真は今日のカルガモです。

1ヵ月弱、時々、マッサージをしながら固定して、これでも良くなってきました。

気長に行く予定です。
[PR]
# by w-a-tracks | 2008-09-30 20:31

ツツドリ

d0035420_20463180.jpg

最近、保護の理由で多いのが『窓に衝突』です。
この『ツツドリ』も今日来た『ヤマガラ』も
学校、会社、工場などでチョイチョイ『鳥が追突』する場合、窓に鳥、葉などのシールを貼って頂けると予防になるので、ご検討お願いします。

さて『ツツドリ』は頭に怪我があり、強打した模様。それと、両足麻痺(少しだけ動きます)

立てないためアヒル寝で飼育されていたため竜骨横が擦り切れかさぶたあり。

『餌を吐く』との禀告で呼吸も速い…う~ん胸も打った可能性大アリ。

まずは『点滴』『保温で様子みます。
[PR]
# by w-a-tracks | 2008-09-27 20:46