野生動物が残していった面白エピソ-ドから、真面目な話まで、様々な足跡を綴りました。      本サイトの掲載写真は許可無く転載、複製等固くお断り致します。すべての写真に著作権を有しています。


by w-a-tracks
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カルガモ

d0035420_23413973.jpg

両足麻痺で保護されて来たカルガモ。
3日目で既に段ボールハウスは半壊。
水と餌を一緒に食べるので、どうしても段ボールが濡れてしまうのです。
改造したケージに移動し、足のリハビリをしようと仰向けにした所、総排泄口(鳥は便&尿を一緒にするので肛門が一つ)が浮腫んでいました。
足が使えないから擦れて浮腫んだのかな…
d0035420_2342050.jpg

餌にかぶりつき、威嚇をするカルガモの姿に、近いリリースの期待しつつ帰りました。

翌日、冷たくなっているカルガモの姿が…

確かにストレスがあったかも知れないけど、死んでしまう程だったのか?

竜骨突起周りの筋肉を触ってもデッドゾーンにはなっていません。
気に掛かるのは餌の減りが悪かった、昨晩は便をしていなかったとの事

就業後、死因特定の為に解剖を行いました。
すると、肥大した直腸が目に飛び込んで来ました。大量の便が溜まっています。
調べた結果、腫瘍では無くいわゆる便秘。

餌は食べている振りだったようです。食べたいけど食べられなかったんだ…。

足の麻痺だけで無く、下半身も麻痺があり、腸が動かなかったのか…
d0035420_234662.jpg

とにかく、今後同じようなケースでは、レントゲンで足、腹部のチェックと、触診、観察をし、投薬も検討しようと言う事になりました。

残念な結果になりましたが、カルガモの残していった足跡から(アニマルトラックス)次回の対策を練る事が出来ました。

この出会いを無駄にしない様に、カルガモの命を次に繋げる活動を続けて行こうと思います。
[PR]
by w-a-tracks | 2008-04-17 18:32 | リハビリ