野生動物が残していった面白エピソ-ドから、真面目な話まで、様々な足跡を綴りました。      本サイトの掲載写真は許可無く転載、複製等固くお断り致します。すべての写真に著作権を有しています。


by w-a-tracks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

大雨

d0035420_18151894.jpg

d0035420_18151824.jpg

昨夜から台風の様な雨風。出勤時に家の前の川を覗いて見ると、いつも穏やかな流れが、水位の増加に伴い、激しい濁流となっていました。

『いつもいるカルガモなどの鴨達やハクセキレイはどこで雨宿りしてるんだろうな~?』そんな事を考えながら出勤。

こんな天気の日や翌日に野生動物が保護される事って多いのですよ。
寒さで衰弱して動けない所を…保護されて来ました。

鳥図鑑を片手に『ジョウビタキかな?それとも…』と、種類を特定する事に夢中な保護者さん。箱を覗くと元気なさそうな『ヒヨドリ』の姿が。
『あの…ヒヨドリですね』とお答えしても、まだ『いや、これは…』と、考え込まれているので、ヒヨドリのページを開き説明しようとするものの、話題は次に進んでいました。(早い~)
『庭でジッとしていた…』
一通り禀告を聞き、カルテを作り『元気になったらリリースしますね』と、お約束して預かりました。
『お願いします』と安心して帰って行く保護者さんを見送ると、早速、診察し、状態に合わせた飼育環境を作ります。

良かった。外傷は無いみたい。胸筋もしっかりついている。
でも、目が空ろだな。
サクッと一般状態をチェックし、小さめの段ボールに床材を敷き、ヒヨドリを入れて蓋をします。そしてペットヒーターの上に置き暖くして静かな環境の出来上がり。
薬を嘴に垂らすと『ゴクゴク』飲みました。たまたまあったカットメロンを中に入れ、しばらくそっとして置きます。

後ほど様子を見ると、嘴にメロンが付いているヒヨドリがこっちを見ました。
メロン食べてるね。ヨシヨシ。

ただ、飛ぼうと暴れる事はしません。怖いのかも知れませんが、ジーッとしています。

自ら飛ぶ日まで入院です。

さて、一昨日保護されて来たカルガモは、相変わらず食欲あり、餌変え時の攻撃も手加減無しです。

足は屈伸させると力が入りますが、意識的に動かす事が出来ないみたい。
リハビリとして、屈伸運動を続けて行きます。
[PR]
by w-a-tracks | 2008-04-08 18:15