野生動物が残していった面白エピソ-ドから、真面目な話まで、様々な足跡を綴りました。      本サイトの掲載写真は許可無く転載、複製等固くお断り致します。すべての写真に著作権を有しています。


by w-a-tracks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

トリモチ ①

d0035420_7481720.jpg

d0035420_748171.jpg

d0035420_7481729.jpg

黒くて固い鳥が保護されてきました。

初めは何の鳥か分からない…と言うか、身動き一つ出来ないので、一瞬生きているかさえ分からない位。

『家の縁側に野良猫が来て、イタズラするので、猫除けにトリモチを置いたら…』

いや…トリモチ仕掛けるの自体、いけないんじゃ?(敷地内だとどうなのかな?)

鳥がジタバタ捕まっているのを発見し、トリモチを取ろうと粉をかけたり、洗ったりした結果、鳥が更にベトベトに固まってしまったとの事です。

保護した方は、『悪い事してしまった…。』としきりに反省をされ、『もう二度とトリモチを仕掛けません』と帰って行かれました。

鳥の方は目も開けられず、ただただ小さく息をし、全身に纏りつくトリモチを降り払う事さえ出来ないでいます。

ここまで酷い状態は初めてで、既に人にアレコレされ心身共に衰弱してたので、躊躇しそうになりましたが、一刻の猶予はありません。

早速、トリモチ取り開始です。
[PR]
by w-a-tracks | 2007-08-10 07:48