野生動物が残していった面白エピソ-ドから、真面目な話まで、様々な足跡を綴りました。      本サイトの掲載写真は許可無く転載、複製等固くお断り致します。すべての写真に著作権を有しています。


by w-a-tracks
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ハイタカ ♀

d0035420_083412.jpg

先週、猛禽類が保護されて来ました。

見た目は『オオタカ』…でも小さい。で、オオタカではないと判断。
では、『ツミ?』…ん~それにしては大きい?
じゃ~『ハイタカ?』

Mちゃんは見るなり、『ツミですよね?』と。
おお~当たっているかはともかく、『ツミ』が出てくるなんて、成長したな~。

一般の方だったら『タカですよね?』もしくは『オオタカの子供ですか?』と良く聞かれます。

私の見解は、『ハイタカ
さてさて、実際は誰なんでしょう?

BIRDER』でお馴染みの『赤 勘兵衛先生』にお越し頂きました。

開口一番『おっツミじゃない?』
Mちゃん正解!と思ったのもつかの間
『いや…ハイタカだな。ん~♀だね。』と、訂正。

ツミとハイタカは良く似ています。簡単な見分け方は『第3指の長さ
ハイタカはこの指が長いのです。
d0035420_08722.jpg

更に、『昨年の子だね』と、赤先生。

ハイタカは外傷は無く、肉色(胸の筋肉)もパンパン。餌はしっかり獲れていたみたい。
しかし、両足が伸びたまま、ピクリとも動きません。麻痺です。

目もしっかりしている。翼も動かし浮く事も出来ます。
便はまだしていないものの、『鉛中毒』の初期症状にソックリ。
赤先生も『中毒に似ているな。残念だな~。これは経験から言うと厳しいよ。』

その日の夜、レントゲンを撮るために様子を見ると、かなり衰弱しています。
そして、そのまま冷たくなってしまいました。
d0035420_0143961.jpg

レントゲンを見ても鉛は発見出来ず。

私の想像では…昨年生まれのハイタカはまだ狩りが下手なので、
2月15日まで猟期の間に、散弾獣で撃たれ弱った(死んだ)獲物を食べていた。
そして、中毒になった……。
もしくは、農薬の影響も考えられるかな。

勝手な想像はともかく、何も出来ずに、何も分からないまま…。
これでは、納得がいかないし今後に生かせないと、埼玉県庁環境部に連絡し、解剖をしてくれる施設を紹介して貰いました。

結果が出次第、ブログに載せます。
d0035420_0495680.jpg

[PR]
by w-a-tracks | 2007-03-13 00:21 | リハビリ